古民家で家族3人、今日1日を大切にすごす日々。四季の移り変わりや、家仕事、趣味のちくちくについて綴ってます。


by kurumiruku1030
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

さまぁばけいしょん

d0229621_0113884.jpg

なんだか今日になって急激に秋みたいになりましたね。
空気のにおいもすっかり秋のにおいがします。
夜の虫たちも俄然張り切っていい声だしてます。
いつもはフル回転の扇風機も今日は一度もつけずにすみました。
このままいっきに秋になるといいけどそうはいかないかなぁ。
と、前置きはこのへんで・・・
13日から16日までの4日間は待ちに待ったお盆休みでした。
いつもくっちゃんを大人の都合で連れまわしているので今回はくっちゃんのずっと行きたかった水族園へ。
そりゃあもうくっちゃんは大喜びで、よかったです。
イルカのショーも濡れるの覚悟で最前列で!
一度も入ったことのなかったアマゾン館にも行けたしよかったよかった。
d0229621_0205324.jpg

そして残り2日間はおうちでゆっくりプールを満喫したり、川までお散歩に行って花を摘んだり亀に餌をあげたり、くっちゃん念願のおうち花火をしたりとのんびりすごしました。
そして最終日はくっちゃんには申し訳ないですが保育所に行っていただき我ら夫婦は京都へ。
せっかくの大人時間なので、行きたい美術展も3つぐらいあってそっちも行きたかったけど、京都にも行きたくて究極の選択で京都に決定♪
まず河原町でおりて木屋町をブラブラ。
そして酢屋を通り過ぎて瑞泉寺を発見。
ここは大河ドラマにも最近登場して悲しい最期をむかえた豊臣秀次、また側室や子どもたちを供養しているお寺で、行って手をあわすことができてよかったです。
このあたりはめちゃ繁華街の中に佐久間象山が襲われた場所があったり幕末の名残がたくさんあったり、和泉式部を供養している寺やら、瑞泉寺があったり、歴史のいろんな場面の面影が繁華街のなかにひっそりと点在していて、そのかんじがよけいに歴史の流れの混沌としたものを感じさせてくれました。
そのあと本能寺で御朱印をもらって、市役所方面へ。
この界隈はなんだかとても落ち着いていていいかんじの街並みでけっこう好きです。
一保堂と柳桜園でお茶を買いにいく道すがら、梶井基次郎のあの「檸檬」の小説に登場する果物屋さんがまだあるというので楽しみに行ったらお休みでがっかりでした。
そのあとはタチバナ商会にておうちの照明を物色。
とてもかわいいのを購入して帰ってきました。
京都滞在時間は4時間ほどだったもののかなり有意義にすごせました。

と、長々と書いてしまいましたが、まぁ楽しいお盆休みがすごせてよかったよかった、というわけでまたお仕事がんばるんば!
[PR]
by kurumiruku1030 | 2011-08-20 00:53 | おでかけのこと。