古民家で家族3人、今日1日を大切にすごす日々。四季の移り変わりや、家仕事、趣味のちくちくについて綴ってます。


by kurumiruku1030
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

聴竹居

d0229621_223515.jpg


ついについに!!念願の聴竹居に行ってきました!!!
最初、行きたいと思ったときは一般の見学は受け付けておらず、とてもがっかりしたのを覚えてます。
絶対行くなら新緑の頃って決めていたので、この日に照準をあわせて予約しました。
こちら、見学するには要予約なのです。
見学時間は一時間しかなかったのでゆっくりすごすことはできなかったけれど、見学者は私たちだけだったのでボランティアのガイドさんが丁寧に説明をしてくださり、聴竹居の良さをしっかり堪能できました。

私はこの聴竹居は、図書館で偶然みつけた本にのっている写真をみて、その美しさに魅了されたのですが、この住宅、美しいだけではないのです。
夏も涼しいように西風をとりいれて家の中を循環するように計算されていたり、屋根裏に熱がこもらないようにしたり、冬はすきまかぜが入らないように窓に細工がしてあったり、細かいところでは、脱衣所のタオルをかけるところがタオルがすべらないように角のある棒にしてあったりとか、備え付けの棚や家具がたくさんあったりとか、とにかくまだまだいっぱいあるんだけど、便利で機能的で快適にすごせるように、計算されつくして作られてるようなそんなおうちで。
それでいてとにかく美しかった。いかに美しくみえるかにも配慮と計算がしつくされているようなかんじ。
写真では幾度となく拝見していたけれども、実際そこに身をおくと想像以上に気持ちがよかったです。

ビックリ仰天、感心したり、写真をとりまくったり、ただただ癒されたり、ほんとに密度の濃い1時間でした。
残念ながら撮った内部の写真は無断掲載できないので外観の写真だけお楽しみくだされ。

d0229621_22564797.jpg


窓の外には樹齢80年のいろはもみじという樹が植えられていて、家の外観ととてもあっていました。
聴竹居がたてられたのと同じ時期に植えられて、その頃はとっても小さな苗木だったそうです。

d0229621_2304648.jpg


玄関もとてもかわいかった~

あまり長く滞在できなかったけれど、年に一回山崎で、百人百景という写真撮影会があるからぜひおいでと、ボランティアの方がおっしゃってくださったのでぜひまた行きたいなぁと思いました。
秋の紅葉の頃も美しいだろうなぁと思ったのでその時にも。
次は他の山崎の名所もまわりたいなぁと思ったのでした。
また一つ、念願が叶って嬉しかったです。
[PR]
by kurumiruku1030 | 2012-05-13 23:10 | おでかけのこと。