古民家で家族3人、今日1日を大切にすごす日々。四季の移り変わりや、家仕事、趣味のちくちくについて綴ってます。


by kurumiruku1030
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:おでかけのこと。( 8 )

南へ北へ!!

d0229621_1728552.jpg

社内旅行で北海道に人生初上陸してきました。
写真は富良野・美瑛。

d0229621_17294473.jpg

札幌・小樽。

d0229621_1731216.jpg

旭山動物園・登別・支笏湖。

初めてなもんだから行きたい所をつめこんで行程くんだら、ほとんど移動時間になってしまって、行く先々でゆっくりすることもできず、かなりハードな旅となりました。
北海道をなめてました。はい。
まさに北海道はでっかいどー!

そして前回沖縄にてユタとか琉球民族の歴史や風習や信仰に興味津々で帰宅後は関連書籍を読み漁っていたんだけど、北海道に行ったら今度はアイヌにも魅了されて興味津々。
読みたい本がまた増えました。

しばらくはまりそうです。

それにしたって寒い北海道から帰ってきて、この暑さは酷です!
[PR]
by Kurumiruku1030 | 2012-07-17 17:27 | おでかけのこと。

海のむこう

d0229621_18114783.jpg


沖縄に行ってました。
沖縄はとても元気でゆるゆるしていて悲しいかんじのするところでした。

行ってとてもよかったです。
いろんな出会いに感謝です。
あったかいほっこりした、それでいて清々しい気持ちになって帰ってきました。
[PR]
by Kurumiruku1030 | 2012-07-02 18:11 | おでかけのこと。

聴竹居

d0229621_223515.jpg


ついについに!!念願の聴竹居に行ってきました!!!
最初、行きたいと思ったときは一般の見学は受け付けておらず、とてもがっかりしたのを覚えてます。
絶対行くなら新緑の頃って決めていたので、この日に照準をあわせて予約しました。
こちら、見学するには要予約なのです。
見学時間は一時間しかなかったのでゆっくりすごすことはできなかったけれど、見学者は私たちだけだったのでボランティアのガイドさんが丁寧に説明をしてくださり、聴竹居の良さをしっかり堪能できました。

私はこの聴竹居は、図書館で偶然みつけた本にのっている写真をみて、その美しさに魅了されたのですが、この住宅、美しいだけではないのです。
夏も涼しいように西風をとりいれて家の中を循環するように計算されていたり、屋根裏に熱がこもらないようにしたり、冬はすきまかぜが入らないように窓に細工がしてあったり、細かいところでは、脱衣所のタオルをかけるところがタオルがすべらないように角のある棒にしてあったりとか、備え付けの棚や家具がたくさんあったりとか、とにかくまだまだいっぱいあるんだけど、便利で機能的で快適にすごせるように、計算されつくして作られてるようなそんなおうちで。
それでいてとにかく美しかった。いかに美しくみえるかにも配慮と計算がしつくされているようなかんじ。
写真では幾度となく拝見していたけれども、実際そこに身をおくと想像以上に気持ちがよかったです。

ビックリ仰天、感心したり、写真をとりまくったり、ただただ癒されたり、ほんとに密度の濃い1時間でした。
残念ながら撮った内部の写真は無断掲載できないので外観の写真だけお楽しみくだされ。

d0229621_22564797.jpg


窓の外には樹齢80年のいろはもみじという樹が植えられていて、家の外観ととてもあっていました。
聴竹居がたてられたのと同じ時期に植えられて、その頃はとっても小さな苗木だったそうです。

d0229621_2304648.jpg


玄関もとてもかわいかった~

あまり長く滞在できなかったけれど、年に一回山崎で、百人百景という写真撮影会があるからぜひおいでと、ボランティアの方がおっしゃってくださったのでぜひまた行きたいなぁと思いました。
秋の紅葉の頃も美しいだろうなぁと思ったのでその時にも。
次は他の山崎の名所もまわりたいなぁと思ったのでした。
また一つ、念願が叶って嬉しかったです。
[PR]
by kurumiruku1030 | 2012-05-13 23:10 | おでかけのこと。
会社の取引先のご案内で奈良の吉野にお花見に行きました。
d0229621_16151336.jpg

しかしまだまだつぼみが多くて残念な感じ。
きっと桜が咲いたらとっても壮大なかんじな山々でした。
そのあとは、取引先のご近所にある長谷寺へ。
d0229621_1628225.jpg

d0229621_16285387.jpg

正直なところ吉野よりこちらのほうが私は圧巻でした。
ここの十一面観音像がとても素敵でずっと眺めていたいぐらいでした。

そしてくっちゃんの大好物、柿の葉寿司を買って帰り、私の御朱印コレクションに長谷寺が加わりました。
d0229621_16364610.jpg

取引先の方々のご厚意に感謝の一言につきた奈良の旅でした。
[PR]
by Kurumiruku1030 | 2012-04-15 16:14 | おでかけのこと。

B級グルメを食すのだ

d0229621_21472994.jpg

写真は我が家の床の間を彩る柿です。
秋の陽のひなびた感じがいいかんじです。
秋とか冬のあの弱い光の加減が大好きな私はこの季節がやってきて幸せなかぎりです。

そしてそして、やってきましたB-1グランプリin姫路!!!
絶対人多そうやし、しんどそうやし、人ごみ、並ぶの大嫌いな私がそれでも行ったのは
私がおいしいもの好きだからです。
おいしそうな各地のB級グルメがこんなに近くでいろいろ食べられちゃうなんて最高やん!!
しんどさよりもおいしさをとる!!!
前日の接待による二日酔いの頭痛を薬でおさえて気合で出発!

もう駅から会場まですごい人人人だったけど、こういうのってなんだかワクワクしちゃいます。
この先にどんな楽しいことが待ってるのだ?
そしてたどりついたとこで前もって目星をつけてたブースに並んで次々に食していきます。
B級と侮るなかれ!これがまあおいしいのだ!!!

d0229621_21591433.jpg

ちなみにこれは日生のカキオコ★
他にも、ひるぜん焼きそばや小浜ちゃんぽん、静岡おでんに富士宮やきそばに勝浦担担麺にと食って食って食いまくってご満悦でした。

各B級グルメのPRキャラクターの着ぐるみたちもたくさんいたり、和太鼓をたたく人がいたり歌う人踊る人いろいろいて、ほんとお祭りみたい。
そしていっぱい並ぶし人も多いんだけどびっくりするぐらい、しんどくならなかったしイライラしなかった。
終始なんだか楽しくておいしくて私たち3人は笑ってはしゃいでた。
そしてまわりを見渡すと来てる人みんな楽しそうだった。
少なくとも私にはそうみえたのだ。
B級グルメパワー恐るべし!

そしておなかいっぱいで満足したら無料開放されてた姫路動物園へ。
私この姫路動物園が大好きなのです。
d0229621_2294161.jpg

お父ちゃんとくっちゃんはおんぼろ観覧車へ。
二人を見上げて、お~いって手をふるお母さん、やってみたかったの。
念願かなってお~いってできた。
三人でこうやって笑えることができることに心から
かみさまありがとうって思う。とりまく人みんなみんなありがとうって思う。
そんな秋の一日。
[PR]
by kurumiruku1030 | 2011-11-12 22:15 | おでかけのこと。

お休み3連発!!!

d0229621_032069.jpg


久々の更新です。
しばらく季節の変わり目だからか無気力生活を送ってたけど、回復してやる気全開!!!
三連休はけっこう充実してました。

写真はもやいさんからいただいた南瓜たち。
あんまりかわいくて食べられず、ずっと飾ってます。
みてたら、お父ちゃんとお母ちゃんとくっちゃんみたいでなおさら食べられない。
これ、夜遅くに帰ってくると、道からうちをみたら南瓜とススキと格子のシルエットがすごく素敵なのだ!(自画自賛)

ではでは三連休!!
1日目は玄関までの庭に大きな穴を開けててそこに生ゴミ堆肥を埋めていってたのですが、1年たってもあまり埋まらないうえに、うちに来る人に多大な迷惑をかけるうえに、私たちもかなり不便をしいられていたのでホームセンターで土を買ってきてうめました。
大量に買ったつもりが全然足りてなくて中途半端な形で終わってしまいましたが家族三人好きな花の苗を選んで買ってきて植えたりして楽しかったです。
今までは絶対に自分でつくった土しか入れたくないって頑なに穴を埋めることを拒んでいたんだけど、そういうとこは融通きかせて臨機応変にしたらいいんだなぁって今になってやっとわかりました。
本当に私は視野が狭いというか融通がきかないなぁとつくづく思った次第だけど、とにかくやっとこさ大きな落とし穴が改善されてよかったよかった!
これからも心地よい縁側環境を整えるべくいろいろ計画中★

2日目は昼から所用で私だけ大阪まで。
月に1度のお勉強の日なんだけど、そこの先生がきてるみんなにすだちを配ってくださいました。
d0229621_0134133.jpg

秋だなぁ。さんま焼かなきゃ!!!

そして夜は人生二度目の石鹸作り!
前回は初回ということもあっておっかなびっくりだったけど、今回はけっこう手順も覚えてたしすんなりとできました。
d0229621_0164020.jpg

現在型にいれて固め中♪

そして3日目はもう念願で念願でやっとかなったプラネタリウム二本立て!
d0229621_0185160.jpg

数日前にNHKスペシャルの「宇宙の渚」をみて、もうプラネタリウムに行きたい熱がマックスになっていたので行きました。
これは神戸市立青少年科学館でやってるんだけど、青少年科学館はプラネタリウム以外にも展示室があって、子どもが科学を身近に感じることのできる展示や実験装置がたくさんあってめっちゃおもしろいのです。
くっちゃんもかなり満喫してたのでよかったです。

そして「HAYABUSA」!!!これは初めてみたんだけどもうなんと説明していいのか!
宇宙ってすごい!地球ってすごい!携わってきた人たちすごい!はやぶさ、がんばったなぁ。
地球の力を借りたスウィングバイだったり、イオンエンジンのしくみに感心しきりだったり、小惑星イトカワへの着地失敗から地球帰還までのはやぶさのがんばりに感動しきりだったり。
ネタバレになりそうだからもうこれ以上書かない!!!ってかんじでとにかくおすすめです。
もう一度見に行きたいです。

JAXAのホームページも参考に★私が感心しきりだったスウィングバイの原理はニュートンの万有引力の法則だったり、イオンエンジンの原理もデカルトの運動量保存の法則だったりすることとか、はやぶさの経緯とか詳しくわかりやすく書いてておもしろかったです。
こんなにすごい科学技術だけど、理科の教科書にでてくるような基礎的なものからできてること。
ニュートンやデカルトの時代から脈々と続き築きあげられてきたものなんだってことも改めて感動でした。

そして「銀河鉄道の夜」。何度も本も読んでて大好きだけど、これはこれでとても良いのです。本当に大好き。
これはもう何度みにいったかわからないってぐらいみにいったんだけど、今回はくっちゃんも初プラネタリウムデビューです。
話自体は難しくてわからないかもしれないけど、映像とか音楽の美しさや世界観を感覚で感じることができたならいいかなぁと思って。
何度みても最高でした。

というかこんなに素晴らしいものをみせてもらえるのに1上映で400円ってのはほんとにほんとにお得だと思う。

と3連休にあったことを長々つらつらと書いてまとまりないかんじになっちゃったけど、1日1日がとても楽しかったぁ。
[PR]
by kurumiruku1030 | 2011-09-26 00:41 | おでかけのこと。

古民家見学

d0229621_22112286.jpg


じゃん!!こちら、神戸駅からバスに乗ること数分ほどの山のふもとにある古民家です。
このブログでも度々登場していてリンクもさせていただいているもやいさんが手掛けた古民家で、オープンハウスがあるということで、図々しくも見学させてもらいに行きました。
(ちなみにもやいさんとは、もやい建築事務所をされているとても素敵なお二人のことです。総称してここではもやいさんと書かせていただいています。)

何を隠そう古民家大好きな私。
しかもこのおうちはもやいさんのブログ等で拝見したときから心ときめいておりました。
そのおうちがもやいさんの手によって素敵にうまれかわったということで絶対見学したかったのでオープンハウスという機会があって大喜びで伺ったのです。
このおうちは大正~昭和初期に作られたおうちで、私が一番好きな時代のおうちです。

こちらは女性専用のシェアハウスとして再生されていて、共用部分はこんなかんじのリビングで
d0229621_22211133.jpg

明るくて開放的なかんじ。
ちなみにシェアハウスとは、寮や下宿みたいなかんじで、わかりやすくいうと最近の朝ドラの「てっぱん」みたいなかんじです。しかしごはんを作ってくれる人はいないと思います。

各個室はそれぞれが古いかんじを残しつつもとても機能的な作りになっていて、
窓の格子の美しい部屋があったり
d0229621_22242320.jpg


床の間の美しい部屋があったり
d0229621_2226066.jpg


そしてなんといってもこの部屋が一番美しかったです。
d0229621_2228214.jpg

d0229621_22285311.jpg


その部屋からみえるせせらぎ。
d0229621_2229572.jpg


ええ、そうなんです。
この家の最大の魅力といってもいいのではないでしょうか。
どの部屋からも下を流れる川がみえて最高の眺望なのです。
そしてせせらぎの音の心地よさといったらないです。

d0229621_2232463.jpg

リビングからの眺めです。夜の眺めもよさそうです。

キッチンはハイテクかつ機能的。一人ひとりわけて入れられるようになっている冷凍庫もあってプライバシーも保てます。私のアイスがとられたー!なんて悲劇もおこらないのです。
d0229621_22342515.jpg


そしてこの家にずっとあった屏風も修復されリビングを彩っていたり
d0229621_22543625.jpg


階段の手すりもかわいいし
d0229621_22553736.jpg


玄関も風格があってとても素敵です。
d0229621_22562466.jpg


そしてこの素敵に生まれ変わったおうちを彩る山野草の生け花の美しいことといったら!
d0229621_2258203.jpg


ちなみに歴史ある町で近所の家にもこんなすてきなおうちがちらほら
d0229621_2383884.jpg


他にも屋外にはデッキがあって青空や夜空の下で湯上りにビール一杯ってのもよさそうです。
セコムもついてて安心です。

それに立地も、神戸駅からバスで数分だけどもう山の麓で、その先はほんと山なので静かで空気もきれいです。
それでいてバスも頻繁に通っていて神戸や三宮にもでやすいし、自転車でも行けそうな距離です。
それでいてこの別荘のようなロケーション。
たまらんです!!!
しかも家賃4万ちょいとなればもう私が独り暮らしの女性だったら絶対即住みたい!!!
ってぐらいに素敵すぎました。

まるで当時の小説や絵画にでてきそうなおうちでもう私はノックアウトでした。
きっと朝や夕暮れや夜のとばりの中のこのおうちも、雨の日のおうちも、
春や秋や冬のこのおうちも違った顔をみせて素敵なんだろうなぁ。
と夢想にふけりつつ、おうちをあとにしました。
またいつか行けたらいいなぁと思う、ずっと居たいなぁと思う本当によいおうちでした。

まだ住人募集中とのことでしたので、気になる方はぜひぜひどうぞ!!!

写真のせまくって熱弁しまくってしまいましたが、決してセールスではないので悪しからず!
セールスじゃないけどまじでこれは住みたいですよ、はい。
そしてこんだけ熱弁して写真のっけてるけど、やっぱりこのおうちで体感するのが一番かも!
全然伝えきれないぐらいに素晴らしかったです。

詳しくはリンクしてあるもやいさんのブログ等にも書いてあるのでぜひみてみてください。
[PR]
by kurumiruku1030 | 2011-08-28 23:10 | おでかけのこと。

さまぁばけいしょん

d0229621_0113884.jpg

なんだか今日になって急激に秋みたいになりましたね。
空気のにおいもすっかり秋のにおいがします。
夜の虫たちも俄然張り切っていい声だしてます。
いつもはフル回転の扇風機も今日は一度もつけずにすみました。
このままいっきに秋になるといいけどそうはいかないかなぁ。
と、前置きはこのへんで・・・
13日から16日までの4日間は待ちに待ったお盆休みでした。
いつもくっちゃんを大人の都合で連れまわしているので今回はくっちゃんのずっと行きたかった水族園へ。
そりゃあもうくっちゃんは大喜びで、よかったです。
イルカのショーも濡れるの覚悟で最前列で!
一度も入ったことのなかったアマゾン館にも行けたしよかったよかった。
d0229621_0205324.jpg

そして残り2日間はおうちでゆっくりプールを満喫したり、川までお散歩に行って花を摘んだり亀に餌をあげたり、くっちゃん念願のおうち花火をしたりとのんびりすごしました。
そして最終日はくっちゃんには申し訳ないですが保育所に行っていただき我ら夫婦は京都へ。
せっかくの大人時間なので、行きたい美術展も3つぐらいあってそっちも行きたかったけど、京都にも行きたくて究極の選択で京都に決定♪
まず河原町でおりて木屋町をブラブラ。
そして酢屋を通り過ぎて瑞泉寺を発見。
ここは大河ドラマにも最近登場して悲しい最期をむかえた豊臣秀次、また側室や子どもたちを供養しているお寺で、行って手をあわすことができてよかったです。
このあたりはめちゃ繁華街の中に佐久間象山が襲われた場所があったり幕末の名残がたくさんあったり、和泉式部を供養している寺やら、瑞泉寺があったり、歴史のいろんな場面の面影が繁華街のなかにひっそりと点在していて、そのかんじがよけいに歴史の流れの混沌としたものを感じさせてくれました。
そのあと本能寺で御朱印をもらって、市役所方面へ。
この界隈はなんだかとても落ち着いていていいかんじの街並みでけっこう好きです。
一保堂と柳桜園でお茶を買いにいく道すがら、梶井基次郎のあの「檸檬」の小説に登場する果物屋さんがまだあるというので楽しみに行ったらお休みでがっかりでした。
そのあとはタチバナ商会にておうちの照明を物色。
とてもかわいいのを購入して帰ってきました。
京都滞在時間は4時間ほどだったもののかなり有意義にすごせました。

と、長々と書いてしまいましたが、まぁ楽しいお盆休みがすごせてよかったよかった、というわけでまたお仕事がんばるんば!
[PR]
by kurumiruku1030 | 2011-08-20 00:53 | おでかけのこと。